歯科助手の資格

 歯科助手は資格がなくてもなることができます。そもそも歯科助手には国家資格がないのです。歯科衛生士は、専門学校を卒業し国家資格を取らないとなれませんが、歯科助手には公で認可されている資格はありません。

  しかしお仕事を探す際や、実際に歯科助手として仕事をする上でとても有利になったり実践力につながる民間資格があります。転職の際も、資格があればお給料や待遇について考慮してくれる場合もあります。基礎知識が備えられるので自信が持てるのではないでしょうか。

社団法人日本歯科医師会認定「歯科助手資格認定制度」

各都道府県の歯科医師会や認定専門学校で研修・講習会が実施されています。講習や講座を受講修了することで資格認定書の取得が可能となります。開催日程や受講料等、それぞれ異なるため最寄りの都道府県の歯科医師会へ確認してください。
・ 乙種第一(診療室での仕事の知識や技能の習得:約52時間の講習)
・ 乙種第二(事務的な仕事の知識や技術の習得:約40時間の講習)
・ 乙種第一・第二の両方取得(両方を合わせた内容:約72時間の講習)
・ 甲種(さらに高度な知識や技術の習得:約400時間の講習)

医療福祉教育振興グループ

・ 日本医療事務検定協会認定「歯科医療事務検定」
・ 日本歯科助手検定協会認定「歯科助手検定」
メールや電話で依頼すれば、検定試験の過去問題を1部300円(送料200円)で送ってくれます。

葛Z能認定振興協会認定「歯科 医療事務管理士R技能認定試験」

  各検定・認定受験対策のための通信教育や専門学校があり、もちろん独学で勉強することも可能です。

 かといって、これから歯科助手になろうという人や、まだ歯科助手になったばかりの人は、ずっと続けられるかも分からないのに専門学校や通信講座で高い学費や受験料を払って資格を取らなくても良いと私は思います。ある程度実践で業務がこなせるようになってきて、歯科助手を長く続けて行きたいと確信のある人は受けてみてはいかがでしょうか。

 検定を受験するかどうかに関わらず、どんな試験問題が出るのか興味ありますよね?まだ歯科助手がどういうものかまったく分からない方も、すでに歯科助手としてバリバリ働いている方も、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?少なくとも受験をする人は要チェックです。

受講料を少しだけ節約する方法

 資格取得のためにスクールや講座に申し込みをされる方は、クレジットカードを利用して受講料の支払いをし、カードのポイントを貯めることができます。受講料は決して安くはない金額なので、多くのポイントが貯まります。

 ニチイやユーキャンは【一括払い】のみ対応ですが、クレジットカードで決済することができます。還元率の高いクレジットカードは、おすすめクレジットカード2016で調べることができます。